通信制高校のメリット

通信制高校のデメリット

通信制高校というと、みなさんどんなイメージを思い浮かべますか?通信制で、本当にちゃんと授業ができるの?どんな人たちが通っている?ちゃんと卒業できるのかな?ここでは、そんな様々なギモンを解決するヒントをお伝えしていきます。

自分のペースで学習できる

自分のペースや時間を大切にできる

通学よりも通信制高校を選ぶメリットとして挙げられているのは、周囲の状況に惑わされずに学習できることです。わからないところがあってもメールやSNSを使って質問できる学校もあるため、通信制でありながら学習環境が整っていることもメリットといえるでしょう。家庭の事情で働きながら学習する人をはじめ、色々な人が通信制では通っています。スクーリングと呼ばれる年に一定期間以外では学校に通う必要がないため、自分の時間を大切にしながら学習できるでしょう。学校によってサポート体制は異なりますが、学習に対してのサポートが手厚いところは少なくありません。そのため、やる気さえあれば、自分のペースで学習しやすいといわれています。

自分で自主的に学習する環境

通学と異なり、通信制高校では1年で取得すべき単位が決まっていません。時間割が決まっているわけではないため、自分のペースを守って学習できるでしょう。授業を理解するまで何度でも繰り返し授業の動画をチェックできることをはじめ、復習や予習のために学習できるところもメリットといわれています。自分でやりたいことが決まっている時には日々の勉強時間やレポートについて自己管理で学習し、ライフスタイルに添った形で学習効率を高めることも可能です。学習の進み具合に応じて担任からのサポートが受けられる場合もあることや、教師やカウンセラーに悩みを相談できる環境も整っています。何がしたいのか、将来に漠然とした不安を感じる場合だけでなく、小さなことでも不安や心配事を相談し、勉強へのモチベーションを高められるのもメリットといえるでしょう。