通信制高校のメリット

通信制高校のデメリット

通信制高校というと、みなさんどんなイメージを思い浮かべますか?通信制で、本当にちゃんと授業ができるの?どんな人たちが通っている?ちゃんと卒業できるのかな?ここでは、そんな様々なギモンを解決するヒントをお伝えしていきます。

通学する必要がない

自宅で高校の勉強ができる

一般に高校生といえば、毎日学校に通い、教室や校庭、体育館などで授業を受けたりクラブ活動をしたりするものというイメージがあります。しかし、中にはまったく違ったタイプの高校生もいます。それが、通信制高校に在籍する生徒です。 通信制高校は、通信教育によって高校の授業が受けられる学校です。法令に基づいた正規の高校であり、必要な単位を取得すれば通常の高校と同様の高卒資格が得られ、大学等への進学要件も満たせます。 通信制高校の最大の特徴は、自宅学習がメインになるということです。多くの学校では月に数回程度のスクーリングと呼ばれる登校日を設けていますが、それ以外はテキストを使っての自習やインターネットを利用した遠隔地授業などが基本となります。つまり、一部の例外を除いては通学する必要がないわけです。

時間を有効に使って夢との両立を

通学せずに高校生としての勉強ができることで、通信制高校の生徒にはその分だけ時間を有効に使えるというメリットが生まれます。
たとえば将来は芸能やスポーツで身を立てたい、そのためには少しでも早く夢の実現に向けて準備を始めたい、という若者であれば、通学不要の通信制高校を利用することで生まれた空き時間をレッスンやトレーニングに充てることができます。
また、教室での人間関係が苦手という人にとっても、通信制高校の特徴は大きなメリットとなります。人付き合いなどに神経を使うことなく、自分のペースで落ち着いて勉強に専念することができます。そのため、通信制高校は不登校経験者等が再スタートを切るための環境としても優れています。