通信制高校のメリット

通信制高校のデメリット

通信制高校というと、みなさんどんなイメージを思い浮かべますか?通信制で、本当にちゃんと授業ができるの?どんな人たちが通っている?ちゃんと卒業できるのかな?ここでは、そんな様々なギモンを解決するヒントをお伝えしていきます。

出会いが少ない

通信制高校のデメリットは出会いの少なさ

通信制高校は、何らかの事情によって毎日学校に通えない若者にとって、とても助かる教育機関です。高校生の中には、家庭の事情で働く必要があったり、過去のいじめが原因で通学ができなかったりする人も、少なからず実在しています。そのような場合、家で着実に修学できる通信制高校は、大きなメリットがあると言えるでしょう。
しかしながら、通信制高校には同世代の人達と出会いが少ないというデメリットもあります。通信制高校の登校は、一般的に週に1回から3回程度です。クラスが定まっていないケースも多く、どんな同級生がいるのか把握できないケースも少なくありません。高校生時代の友人は、その後の人生にも大きく影響するものです。この時期に友人を作る機会が少ないのは、通信制高校の大きな欠点だと言えるかもしれません。

数少ない出会いの機会を活かすポイント

通信制高校は出会いが少ないですが、その機会が全くのゼロというわけではありません。週に1回から3回程度は登校する機会がありますし、私立の通信制高校であれば、イベントや部活動を定期的に開催している所もあります。このような数少ない出会いの機会を活かすためには、積極的に話しかける事が重要なポイントです。通信制高校と言えど、同じ学校に所属しているのは紛れもない事実です。したがって自分から進んでコミュニケーションを取ることは、決しておかしな事ではありません。ある程度仲良くなれば連絡先を交換することも可能ですし、友人との関わりが増えれば、高校生活が楽しくなります。数少ない登校やイベントの機会を活かし、積極的に友達を作っていきましょう。