通信制高校のメリット

通信制高校のデメリット

通信制高校というと、みなさんどんなイメージを思い浮かべますか?通信制で、本当にちゃんと授業ができるの?どんな人たちが通っている?ちゃんと卒業できるのかな?ここでは、そんな様々なギモンを解決するヒントをお伝えしていきます。

卒業までかかる費用が安い

学費にこだわって通信制高校を選ぼう

通信制高校は、普通科の高校と比べて学費が大幅に安く設定されているところが多く、家計に負担を掛けずに卒業を目指したい人にオススメです。例えば、教科書だけでなくパソコンやタブレット端末などを利用した学習方法を選択できる通信制高校については、いつでも好きな時間に予習や復習をしやすいといったメリットがあります。また、学費の安さにこだわりたい場合には、一単位あたりの料金が設定されているところや、進路指導や受験対策などのサポートを無料で受けることのできるところを入学先に選ぶと良いでしょう。なお、通信制高校によっては、独自の奨学金制度を設けるところも増えており、成績優秀者であれば卒業までの学費を免除してもらうこともできます。

リーズナブルに資格が取れる通信制高校の魅力

医療や福祉、調理、情報処理などの専門的な資格を取るためにはある程度の出費が掛かりますが、専門コースが設けられている通信制高校を選ぶことで、コストを最小限に抑えることができます。また、資格の種類によっては、職場実習やスクーリングが行われることもあり、実際に現場で働く前に、専門職として必要な知識や経験を身に着けることができます。また、資格試験のために直前対策の講座が開かれているところや、メールや電話などで一人ひとりの学生の相談を受け付けているところへ入学することで、不安なく学習を進められます。その他、通信制高校の専門のコースを選ぶ場合には、入学案内や公式サイトなどを参考にしながら、入学後に掛かる実習費用などをじっくりと把握することが大切です。